kagoya

カゴヤ・ジャパン

No.2
初期費用 0円~
月額費用 864円~
HDD 最大300GB

アダルトもOK!ハイスペックのKAGOYAの共用サーバー 性能にこだわるならここ!

総合ランキングとスペック重視ランキングにもランクインしているKAGOYAはアダルト可のランキングにも見事に入り、その性能の高さを伺えます。このKAGOYAは日本国内にあり、国内サーバーの中でも珍しいアダルトOKのレンタルサーバーです。

アダルトサイトや大規模サイトを運営する際に、とても重要になるトップクラスの転送量と100GB以上ある大容量のディスク容量が魅力的です。KAGOYAは元々ガス事業を行なっていましたが、2000年頃からIT事業を開始し、15年以上の実績があるだけではなく、24時間365日常時、専任技術者がサーバーを管理しており、稼働率は100%に限りなく近い、99.999%という素晴らしい数字をたたき出しています。

どのプランでもデータベースのSQLiteは無料で利用することが可能ですが、1番下のS11プランではMySQLとPostgreSQLが標準搭載されておらず、月額756円で追加しなければ利用することができません。その点フレンドサーバーはMySQLとPostgreSQLどちらも標準搭載しており、追加料金などは一切発生しません。

ただ、S11プランよりも上のS21、S31プランであれば、無制限ではないもののMySQLとPostgreSQLは標準搭載されています。その分、この2つの上位プランでは、初期費用が3,240円発生してしまいます。S11プランであれば、初期費用はかかりません。

S21、S31プランでは利用できるものがあっても、メール機能のようにS11プランでは一切利用することができない機能もあるので、申し込む前には必ず料金や機能一覧を確認しておくことをおすすめいたします。

また、KAGOYAでもフレンドサーバーと同様に児童ポルノの掲載には気を付けなければいけなく、万が一、児童ポルノ関連のものをサイトに掲載してしまうと規約でアダルトを禁止されてしまうので注意しましょう。その他にも禁止事項があるので利用する場合は、申し込む前に確認しておくことで、快適に利用することができます。

KAGOYAの魅力と言えば、なんといってもサポート力の高さでしょう。メールでの問い合わせを24時間受け付けているというのは当たり前ではありますが、電話でのサポートにも力を入れており、365日年中無休で電話での問い合わせができるのです。

年末年始であったり、週末であったり、電話サポートを行なっていないレンタルサーバー会社もあるので、365日時間内ならいつでも電話でサポートを受けられるというのはユーザーからしたら非常に嬉しいところではあります。それにフリーダイヤルなので、通話料など一切発生しないので、極端な話、何時間でも電話でのサポートを受けることができます。

それに、国内のレンタルサーバーということもあり、対応してくれるサポートの人は日本人ですので、きちんと自分が伝えたいことも伝わります。電話サポートでは、契約している人とまだ契約していない人では窓口が違うのも良いですね。

契約しているしていない関係なく同じ窓口だと、いちいちサポートの人に契約しているか否かの旨と伝えないといけませんし、もし契約していない場合、契約していないということを伝えにくいということもあるので、予め向こう側も契約していないということがわかっていることで問い合わせしやすさがあります。

ここまで、何の問題もないKAGOYAではありましたが、不正アクセスによる契約者情報の流出で、2016年9月21日までに利用した全ユーザーの個人情報の流出があったうえ、クレジットカード情報も2万件以上流出したとも言われています。クレジットカードの不正利用は確認されていないものの、不安ですので、もしKAGOYAのレンタルサーバーを借りるのであれば、口座振替を選択したほうが良いでしょう。それでも個人情報流出が心配であれば、他の会社のレンタルサーバーを借りたほうが良いです。

KAGOYA


レンタルサーバーおすすめ総合ランキング


おすすめ記事